自分でクレジットカード現金化してみる


クレジットカードの現金化って最近とてもよく聞くキーワードです。でも、みなさんはいざ挑戦しようと思うもののまだ方法が判らないレベルではないでしょうか。

自分でクレジットカード現金化する場合、カードでショッピングして、それを買い取ってもらうと言った方法が一般的方法です。そのとき、商品はなんでもいいという訳ではありません。中古販売店や金券ショップなどで買い取ってもらうことが出来る方法を選択する必要があります。

違法行為ではない

クレジットカードの現金化は、みなさんの中には違法かもという思いもあるでしょうけど、もちろん違法行為ではありません。だから、しても全然問題はない訳すが、クレジットカード会社の利用規約に抵触する場合もありますので、他に現金化の方法があれば、それを優先して行った方がいいかもしれません。 でも、今では結構、クレジットカードの現金化業者もどんどん増えて、しようと思えば、すぐに現金化出来るシステムも整い、私達の生活に結構身近になったと言えます。

でも、増えたということは、その中に悪徳業者もおり、私達は、そのような相手に対しても注意をしなければなりません。

業者にお願いする

特定の商品をクレジットカードのショッピング枠を使って利用者に購入させる方法がクレジットカードの現金化です。そして、現在業者の人たちはみなさんに対して、代金の約75~90%程度を利用者にキャッシュバックするシステムが整っています。キャッシュバックシステムは絶対に安全ということでもなくてクレジットカード会社に利用が発覚すれば、使用停止処分を受ける可能性もありますし、利用分を一括払いしなければならないかもしれません。

そして新幹線のオレンジカードなどをたくさん購入するという作戦の場合、あまりにもクレジットカード会社にバレバレです。

多額の手数料を取られてしまう場合

クレジットカードの現金化で、間違いなく私達は、現金をゲットすることが出来る訳ですが、還元率75%の業者と言う場合、80万円の買い物に振り込まれるお金は60万円程度であり、実際にお金が必要と思っている人たちにとって、60万円はありがたいお金だとしても、相当手数料を取られてしまっていることになります。相手は、お金が今どうしても欲しいと思っているからということで、つけ込まれているかもしれませんし、やっぱり、他に方法があれば、他の方法で現金化した方が良いでしょう。

以前は、金券ショップで回数券や商品券を換金するという流れが当たり前のクレジットカードの現金化として通用していたのですが、現在では、段々とクレジットカードで購入することが難しくなって来たとも言われています。全国百貨店共通券はどうでしょうか。換金率が98%、クレジットカードの現金化には非常に都合がいい商品と言われています。しかし、百貨店で商品券を買う際にクレジットカードで決済することがここでもほとんど出来ないようです。

しかしクレジットカードの現金化は、金券だけが対象ではありません。人気のあるゲームなどは、プレミアムが付いて買取をしてくれる業者があります。ゲーム機や大型家電製品、ブランドバックなら、それなり換金率も期待することが出来ます。その場合では買う店舗を探すことは難しくはありませんが、まずは買取をしてくれるショップを探すことが優先です。

ブランドバックや時計は、効率の良いクレジットカードの現金化の方法と言われています。8割程度の換金率で買取をしてくれるようです。ブランドバックや時計ならクレジットカード会社に怪しまれるということもないかもしれません。百貨店で購入という場合には、ハウスカードを使いポイントもゲットすることが出来ますし。