収入のない専業主婦はどうやってお金を借りる?


キャッシング 主婦
2010年に個人が借入可能となる金額を年収の3分の1までとする総量規制が導入されたことで、消費者金融業者は本人に収入がない専業主婦への融資を断るようになりました。これまでいざというときに借入先として利用してきたかたにとっては大きな痛手です。しかし、専業主婦が全くお金を借りることができなくなってしまったわけではありません。もちろん、パートやアルバイトを始めて毎月安定した収入を得ることができれば借入審査を通過しやすくなりますが、さまざまな事情で自身が働くことができないかたでも、消費者金融業者の「配偶者貸付」や、総量規制の対象外となる「銀行カードローン」を利用することで借入可能となります。

夫婦年収を合算することで専業主婦名義で申し込むことができる、総量規制の救済処置として設けられているのが配偶者貸付です。実施している消費者金融業者は少ないものの、夫婦であることと夫が安定した収入を得られていることを証明することができれば、夫婦の年収合算額の3分の1以下までお金を借りられるというものになります。夫婦の証明になる住民票や戸籍謄本、夫の同意書、そして夫の所得証明書や確定申告書を収入証明書として提示することで審査が可能です。

もう一つ、あくまでも貸金業者に対しての制限である総量規制の対象外となる金融業者の銀行カードローンでしたら、本人の収入関係なく借入ができるものがあります。カードローンでも基本的には申し込みをする本人に安定した収入があることが前提となっており、貸し付けのための条件は各銀行ごとに独自に設けられていますので、その中で本人の収入に対する規定がなく、配偶者に安定した収入があれば申し込みが可能であるところを探してください(キャッシング参照サイト→http://xn--q9j2c4em8a9dzlwe1110dps3c.net/)。

審査に時間がかかるとされていた銀行カードローンですが、昨今では申込み後即時審査、即日融資可能であるという消費者金融業者の売りに負けないほど利用しやすいものになっています。収入のない専業主婦でもこういった方法で借入自体は可能ですので、計画的に返済ができるのでしたらいざというときに頼りにしてみてください。